灯火のような迷い鹿。
   



   


母を呼んだ。











迷わぬように灯を燈す。










 



 

そしていよいよ、 光が咲く。

 
 

























青い闇に打ち勝つ力。








  






























灯が作る夢。











光が迎えてくれた。








光に導かれるまま進んでゆく。
















ゆめのなかへ

進んでゆくと。





    














夢は水に浮かんで揺れた。













 















そして 灯りは進む道を示して。







1300年前の奈良の歴史へと人を導く。











当時日本最高の高さを誇った塔。

シルクロードの果て。
仏教がたどり着いた証拠。
  




コンクリートのビルにその高さを超えられても、
建立した「光明皇后:あすかべひめ」の気持ちの高さは変わらない。

小さな光に意味があるように。











燈花とは、













灯心の先に咲く花のような塊。

それが出来ると縁起がいいとされている。







燈されたものは、ただの灯りではなくて。



人の幸福を願う光。



















幸多かれと願う

揺れる優しい灯りは。



ここから世界に広がり、

人を幸へと導くだろう。

















小さな光の花畑で、大きな力と出会った日。








奈良の今日の天気予報は、台風の雨のち、快晴だった。


candlepower:kabun nara toukae






ご感想ありがとうございます




なら燈火会公式ホームページ