silhouette




光は切り抜かれた。












見上げた空。




















光が届かない地下。







影薄く、光暗く。












逃れるように

かげりのない空へ。

 






自らだけが、陰りとなる。



















自分が作った陰りは、はるか遠く、誰かを包む。
















はるか地上の影となる。



















影から逃れたくて、






 




逃げようとして。








高く高く。



 



光に向かって




高くビルを建てた。



































光に向かう気持ち。






 







光に近づく気持ちを、高さに変えて。











イツカ ヒカリニ テガ トドキマスヨウニ。









何時か。














ヤスラギって、なんだろう。



   




光が陰って、落ち着く気持ちもある。



 

心の反転。


影はヤスラギ。















影が走る。光の中を。














影は、君の存在も教えている。



光も影も自分自身の影絵。



















あの日。








光と影は、

反発するように、寄り添った。




























影の思い出、光の思い出、


寄り添う二つが創るシルエット。









silhouette:kabun





ご感想ありがとうございます