カメラは不思議だ。







 

色々な種類のカメラがあるけれど、、、

持った瞬間「被写体」が変わる。


デジタルでは撮らない被写体。




一眼レフでは撮らない被写体。




カメラはけして話さないけれど。






 



意思があるように、被写体を選ぶ。



 











現像したことがなくても。









       


はじめて出会って使っても。

  



ファインダーを覗いた瞬間。



 

出来上がりの色まで感じてしまう。

  


気軽に気楽に。




  





記憶のままの色。






それはけして、







真実ではない。










それは人の記憶が、
おぼろげだから。









だからこそ、キオクノイロに感じる。








光の魔術師によって


思い出になってしまった記憶が








写真になる。






NATURALISM:2005 KABUN





ご感想ありがとうございます