後編












時代が移り変わって。

  


屋根の上の風景も変わる。










曇り。




コンクリートの建物。




  


強い屋根。



 



風に弱い看板ではなくペイントされた

店の名前。


  

台風と強い日差しと共存している街。





















やさしい、風景の村。










バナナ干し。

ヤギの世話。


  


ここでも、シーサーが島を守っている。











南国の本当の生活がそこにはあった。



 







コンクリートに咲く花が

雲を裂くような日差しをよんだ。

































少女の祈り。

あの、嵐の中に降り立った東シナ海へと誘われる。






  



雲が切れ、

晴れに向かう海。

回復してゆく天気。













でもそれは、太陽の熱で海から作られた雲が

流れてゆくだけ。



 





  

海のあしあとは雲。





 























雲は色々な天気を作る。



  
























大きな紅い太陽をも覆い隠して。






































隠しても漏れる光に、

太陽の強さを感じながら。




海が作った雲に、隠された光に染まる海を見る。












  
















海が雲を作り。


雲が雨を作り。


雨が海を作る。























そんな繰り返しに、

「海の生まれる先は海だ」

とつぶやく。











ただ、このまま「紅いまま」でよかった、



いつまでも。












オキナワの今日の天気予報は台風だった。













   weather report#2


ocean roots (後編):kabun okinawa




ご感想ありがとうございます



次週7/3はオキナワショートフォトストーリ(番外編)です。