夢の中の世界で、

   

秋の祭り。








収穫祭が、いつしかイベントになってしまっても。


  











食べることで祝う。

  








  


何時もの風景も。


   



    

何時ものダンスも。







   



楽しんでいられるのは今のうち。


  


この世界は



  


人の心が創った世界。



 










夢が現実になる世界。

 










 



 



 



現実が普通ではない世界だということを



忘れてないかい?



















夕陽がおちたら







オバケの時間。





はやく帰らないと




 




 


オバケがでちゃうよ。





蜘蛛男ではなく



 




  



ほんとうにオバケが。。。。



  













もう遅い。


















遅いよ。
















手遅れだよ。



オバケの足音が。





      









  











  


お前達、オバケが怖いか?

怖くないんだよ。

なぜなら、


 


君も何時か、おばけになっちまうんだからなあー!
























ははははははははッ






















































夢の世界から出て、大人の言うことはみんな同じ。


「宿題したの?」


そんな、かあさんが怖いか?

怖くないんだよ、









なぜなら、
君も何時か、大人になっちまうんだからな。


















でも、もし。
宿題忘れたら、オバケが出ちゃうぞ。
























Trick or treat

see you again!










HALLOWEEN:KABUN SET1






ご感想ありがとうございます






U.S.J公式サイト