子供の頃は怖いものなんてなかった。








自然は友達だった。





でも、月日がたち。

   






自然を知ってゆく。


 




 でも、なつがワクワクするのを、


 


誰も止められない。


  











静かな水辺も。




  




激しい水辺も。







全て自然は個人責任。






夏は、自然の中で生きることを思い出す季節。




















夢の中の夏休みは。



  

迷う事を繰り返しながら。









それでも誰かに見守られていた。














厳しくて。
たのしくて、



   


小さな発見の繰り返しだった。






顕微鏡のように。






















でも、暑い太陽が落ち始めると。




   



夏の終わりを少し感じて、











やけた肌が、
すこし寂しくなる。

  










うたたねの夢が

自分だけをおいて、


覚めたような気になるから。













子供の頃の夏は、怖いものなんて何もなかった。





でも、夏が終わるのが怖かった。




the heat of late summer2004:kabun





ご感想ありがとうございます



the heat of late summer:残暑