もう咲くよと蕾の桜。
























春の足音は確かに近い。




























心に花が咲いたら。
























春が始まる。













古都の朝。















 









 



















さあ桜の日々をはじめよう。











今朝やっと




 


桜が咲いたよ。


 



































一瞬の京都にあこがれて、
人は集まる



 
































それぞれの春を探して。








日ざしに招かれて。







包まれた日。























時が流れてもそこに。



































穏やかに、











春の色。











まるで心も咲くように。
















その心を迎えてくれる。


  




















まだまだなんていっていたら。









春がはじまっちゃうよ。











 



























































光は、









 














暖かさを誘い。
日ざしを探す。







歴史は、人をひきつける。







五大堂の足音は、鶯の音色。
まだ、あどけない鶯の声。


 


ほっこりとした時間さえ、いとおしくて。









 



映された心。







自分を知る。








冬を忘れ。




 


春へと乗り換えた。
































春が来たよ。






































まるで心も咲くように。















































あふれるばかりの。























おだやかな春の色。






























続く