三日見ぬ間の桜かな。







春が来ても、


 


心の中の春の準備はなかなか始まらない。














でも、何時か朝が来るように春が来る。





 







気持ちを切り替える花が咲いて。













春の京都。






春が来たと、





 




人に言われても。






 



信じることはキット出来ない。








 





でも、桜が咲いたら、














もう、キモチは春に向かう。









 



















水ぬるみ、




  









日ざしやさしく、












動物達も動き出す。












伸び伸びと。











 


















そして、人にも春が来た。







 



春が来た。




 






 




 

 




とっておきの

古都の春が。



 



じっと我慢していた冬が終わって。















誰も、じっとしては、いられないんだ。



 








人が集まる。


















まるで冬眠から覚めたように。












 







それぞれの心のままに。






  














 




桜を求めて。







続く