雨音は、やんで。



















待ち望んだ時間流れる。

















秋の変わり目。









また一つ、約束の物が作られた。




  



早足の秋。





  

人の目より
遠くを見つめるtelescopic。






  











  


見落とした記憶の広さを、つなげる、pantoscope。


















  
































その瞬間、



 





シャッターが下りて、









閉じ込める。



































まるで二人乗りの思い出。






























手にどこかない物を見つめて。









 

おぼろげな記憶を



並べる。













時間さえ閉じ込めてしまう。
















  



時間さえも。













音の記憶。



  





強いリズム。




  





あの日あの時の




 






色々な思いさえ。

























強く、弱く。
















立ち止まって、




どうせ、すぎてゆくだけなら、
















秋の夜長に夢で見た記憶を

閉じ込めてみるのもいい。














その時、自在に遠くも近くも、共存した。




まるで、

千里眼(telegnosis)のはじまり。











telegnosisCanon EOS 400D (aka. Rebel XTi ) :TAMRON 18-270MM TELEGNOSIS LENS