toward the end of summer

なつの終わりに







海へ向かう季節。







日差しの強さに


  










日に向かい


  










生き生きと













出会う時
















  



発見はいつも



















歩いたその先に



  










百日紅咲いて


  










水もぬるむ。












手のひらに







夏はある


  






  




居心地のいい季節とは















気温だけではなく









心がゆるやかにゆれる季節





























夏を越して。


  







  

















夏をやっと寂しく思う。


  
















朝が来て。



  






























そして冷たさを知った時。








灼熱の記憶は。











中秋の名月へ満ちてゆく月のように。








止められなかった。







あの夏は、もうここにはいない。




toward the end of summer:kabun