さらさらゆくよ。










春のあたたかさ。














ひかりとなって










緑が生まれ。





































鳥も鳴く。






































清流の側から春が来る。












雑踏。














  





春を忘れた。











渡らない鳥達。





  















それでも自然は、
















春を呼ぶ。























 









  

 


日が落ちて。





  






















  





時間がすぎてゆくのが、





   





早く感じて。

















日の出。






日の高い時間の、始発電車に乗って。



  




急ぐ人、止まる人。




  
 










春の朝は爽やかで。








 



















  
















時には夏の日差し。






















  















風がやんで。
























  



































それぞれのスタートは、



  















晴天の中で生き生きと








はじまった。



















春の音、ながれて。







ひとの心に春を招いた。









繰り返し繰り返し、


気温が変わる。


 























動き出した街。





























強い日差し、









でも肌寒い風。




 




でも、花が咲く春に。










色に。
























  





ひとの心もやっと動き出す。
























雨の香






しとしとと、梅雨に向かう。









春の雨は時折強くて、夏を感じた。










春の雨上がりに、雨を忘れぬように、







梅雨を越す心の準備を始めた。






雨にぬれても、花が咲く事を思い出した、春の日に。