風は冷たくて。












それでも漕ぎ出した。










風車の町から。





気になって立ち寄った仕事現場で、おじさんと挨拶。

軽そうな自転車やねえ。




良い天気でよかったねえ。








少しの時間。

仕事は休み。







銘々どこかへ出かけていった。





























イザナギノミコトさん

熊野以来です。














山を越えて。




























対岸へ。




















北の端。




本州へつながる。









八幡様。


































港ごとに、雰囲気がある。















何度も岬を越えて。














コスモス。






















優しい目。












もう、帰宅時間。

















弁天さん。



















小豆やで。





ごめんごめん














































弁天岬折り返して。






















風車の町に帰ってきて。
















































晩御飯まで3時間。












夕日を見てクールダウン。













































仲間のいる宿へと。




スピードメーターが壊れて、距離もわからないのが、逆に笑えた。




淡路半周の一日。



onokoro:kabun





ご感想ありがとうございます