「情に溺れる」と人は言う。


「情」とは「心清く」と書く。





















純粋な気持ちに宿る心。
仲間との気持ちのツナガリ。



























あたたかな心の芯にある心。
ふれたあたたかさ。




























他人だった人が出会い、
つながる心。
こころのツナガリ。



























人は機械ではない、だからこそ心の動きで
結果は変わる。

心清く無心になれれば、
やった以上の結果は出るはず。











情とは生き物が生まれるときに
与えられたままの、

「純粋な心」。





濁る事のない本当の「情」には、

けして溺れる事はない。








心清:kabun



ご感想ありがとうございます