秋の夕日はつるべ落とし。       つるべが落ちるように、夕陽が落ちる。           一滴の色が、空の水、にじんだ。     それを合図にする様にそれぞれの気持ちの時間で人の光が瞬き出す。     揺らめいてにじんでゆく。 それは、太陽が沈んだ寂しさを埋めているのかもしれないね。