ダートトライアル上級

JAF公認競技

ジュニアダートトライアル最終戦

DASH'ダートトライアルRVクラス

日時:2005/05/15(日)
場所:京北町コスモスパーク
主催:ダッシュスポーツ
参加費:8000円
参加台数:87台

報告:RVチャレンジラリークラブ

参加車両規定:ロールケージ、四点式シートベルト絶対必要。JAF国内規定に順ずる。
参加装備:ヘルメット(スネル規格品、製造から10年間以内のもの)、グローブ。レーシングスーツもしくはそれに変わるもの。











コスモスパークは晴れ時々曇り。



JMRC近畿のダートトライアルジュニアシリーズ第四戦がおこなわれた。
このジュニア戦はJAF公認競技としては西日本唯一のRVクラスが設定されている。

今回のコースレイアウトは超ハイスピードコース。

乾いた路面は砂を巻き上げ、小石はスリップを招く。

散水したところで、この状況は好転を見せない。

しかし、この路面こそダートトライアルの醍醐味。

アクセルコントロールで駆け抜ける事ができる。

車検も終わり一走目がスタート
















大魔王




大きく外に膨らむが、立ち上がりもよかった。










コメちゃん

直線の思い切りが気持ちいい。







エムやん

ギヤの選択の試行錯誤を繰り返す。









Piro

大振りではないコーナリングでトップタイムをたたき出す。









キタハタさん

ライン取りがすばらしく、RAV4に大きく迫る。
















やーとかぶん

一番の高速コーナー進入時に減速がうまく行かずに

スピン、バックギヤに入るほどのミス。








前半は井上選手が逃げ切る。







そして第二ヒート





大魔王

シフトチェンジの回数を減らすことにより、荒れた路面でもタイムアップ。












コメちゃん

気持ちよかったと本人が言うのは間違いない。

テールの流れ方も楽しそうだったが、悪い路面のため

残念ながらタイムダウン













エムやん

コチラもタイムダウンとなったが、

シフトロスと加速が一走目よりツナガリがよく。

スムーズに感じる。






piro

さらにタイムアップと感じたが、
なんとミスコース、これがあるからダートトライアルは意外性がアル。















キタハタさん

三秒タイムダウンが信じられないくらいの加速減速のメリハリを感じた。










やーとかぶん






井上選手のミスコースにより前半のスピンが帳消しになり。

9秒のタイムアップで井上選手のタイムをかろうじて縮めて優勝。

























そして、、、#5井上朋枝選手

今回の紅一点、ゆっくりとダートを楽しむように参加!

ぜひ女性もどんどん参加してください。







刻々と変わるダートの路面は二回の走行チャンスがあるからといっても

ミスをしてはいけないとアラタメテ感じた。

後半にベストタイムが出るかどうかは天候と、路面状況しだいなのだ。

今年もこうして熱いRVクラスが始まった。

ダートの楽しさは走らないとわからない。
















最低限の安全装備とはロールケージ、四点式シートベルトも含みます。

初心者だからこそ、その点に注意してください。

練習会、ライセンス取得など連絡いただければ対応いたします。









1 やーと RAV4 2,17,405 ★2,08,679
2 piro RAV4 ★2,10,435 MISS
3 キタハタ JIM 2,15,129 2,18,097
4 コメちゃん JIM 2,15,235 2,19,212
5 エムやん JIM 2,19,212 2,24,057
6 大魔王 ESC 2,22,825 2,20,879
7 p-TOMO JIM 3,21,306 3,16,369





PHOTO WORD :KABUN YA-TO
PHOTO:DAIMAOU KABUN


注意:ダートトライアル競技は安全装備がずさんな場合危険になってしまう競技です。
RVチャレンジラリークラブでは、ロールケージなどの安全装備が必要ではない
粗悪な競技への出走はお勧めいたしません。