初夏の湖に誘われて
150Km自転車の旅










 









早朝の光、淡い色のなか
距離計をリセットする。
まだ、150km走りきるつもりはなかった。




















緑の風が気持ちよくて。























































































































琵琶の種酒は頭痛に利く。
スイカのお店にあるという。






さっそく見つけたので帰るはずが。













なんか一周回ってみたくなって。







かろやかに。
















夏休みはずっとこの浜辺に
あづけられていた。

太陽、友達見たことがないほどの
湖の大きさ。





































立ちどまった鼻先をトンボがとんでゆく季節。



















浜にいます。










































































鳥人間
発射台


空を飛びたいなんて夢と、
自転車って結構似ているって感じた。

頼れるものはない。






 









気持ちいのいい風に乗って。

三時間で50kmを走った。

あと三分の二。















蓮と一緒に風に吹かれて


























日差しも柔らかく

スピードも乗る。

去年の苦労はなんだったんだろう?













 








 


75kmを折り返す
琵琶【枇杷】はココデ種になった
夏の香りがほのかに香る









NEXT