make a round the AWAJI island trip   optio330GS    「first volume 」




明石AM 7:45








関西サイクリストの登竜門。

  


モーターバイクもバイクもソロのチャンレンジャーが多い。



 


結構みんな辛いと言うが
本当?





  

迷うまもなく、教えられたとおり、
岩屋から、反時計回りに回る。




   


びわの産地、豊島あたりを過ぎたころ。

身体は次第にあたたまり
30Km/hほどの速度で楽しく走ってゆける。


 

「日があんまり出ていないのにいいんですか?」

「今の時期は風があるからなあ」

つまんでいいですか。ははは。



おにぎり残しておけばよかったよ。


 

イカナゴ漁の漁港。

いいよなあ、クギニも。




 


明石海峡の干しだこ、
たこメシがまた食いたくなる。



 


一宮淡路城。

海水浴の季節の跡。











 

線香の香り


コスモスの街道。

一昨年前、淡路島女子駅伝の時に、植えられたコスモスが
ことしもガードレールの向こうで咲き始めた。












  

夕陽がきれいだったなあ。



思えば一昨年のリベンジなのかもしれない。

たった数十キロを遠いと感じた。



  

時計回りは、逃げ場がなく怖い。たしかにそう感じた。





風のピカチュー。

風力発電。






  

こっちもピカチュー。

せいぞろいで、かわいすぎる。

ここまでは本当に早かった。






 

ちょうどこんな、海沿いの道を気ままに走る事にあこがれて、

淡路島に来た。





   


阿那賀
秋祭りの準備。




   







咲く花と。

旅館の看板に淡路島の楽しさを感じて。


前半70Kmが終わる。






この後のことなど、思いもせずに。




続く