夏の始まりは












静かな時。

























雨もやんで。
















入道雲があわただしく迫って。







茅の輪をくぐって始まった。
















いつもより早足で。




































夏を感じて。


























スコールの下。





























祇園祭。


















  













    


京都の夏はじめ。





















掛け声が響く。
















  























子供たちがつないでゆく祭のなか、























































  


招かれる、夏の日。




























灼熱は続いて。


















































  







蝉しぐれのなか



   














気温はどんどん上がり。




  









  
















人は涼を求めて。







































日が落ちてもまだ続く、、、





熱帯夜。
























































遠い街へ。




























  

























































港町へと向かう。





























出会いは偶然ではなく。





















絵をもらった。





















おじい様が作った建物。







忘れない出会い。




























おいしすぎて。











































   









  



















  














みんなが作る祭。




  









  



















  



後ろ髪をひかれて帰る道。





  





月とともにさよなら。






続く