日食の時間。






動物園の駅。


































暗くなった空。

突然、蝉の声がやんだ。








  





太陽が欠け始めた。









  



































   

















  








  








  








  
























  




  






































  














おい、何か感じたか?



  


















一番、落ち着いていないのは、人だったのかもしれない。






   




当たり前に空にあるものが、

変わってしまう不思議。









曇った空に時々日食。













光と影が重なる日が終わり。








   













日常に戻って、人は早足で帰る。



まるで夢だったように。



partial solareclipse