梅雨の日に








雨上がり。





  










  



光は一気に立ち上がる。













































公園の森で。






















時計に出会って。
















  






少しづつ夏に近づく。
































おじさんたちが待っていたカワセミは



  




恥ずかしがって、こちらの池に逃げてきた。






















初夏の虫たち。





  





温室に逃げ込んで。




  










  


























高山を体験する。




  





















  





薔薇の娘さん










咲いていた。





  






水恋しくて。




















最後の紫陽花。















  










  

























夏空へ向かう。

























ゆっくりとした時間を過ごし。













使用感を思う。


  




使い込んだものに愛着を感じる。





  




マスカラまつげの信号を過ぎて。










いつもの路。





  










  







二つのコイン。










二杯のワンドリンク。









2曲。



  



















僕の鼻は磁石だ・

  














わんこはそうつぶやいた・




































視線を感じて。


  










  




願いと約束。
























働き者達。






















のぼった山道。

   











出会う緑。



  




























  




願いがかなうといいね。
















  














   





夏への階段。















  























気がつかないうちにのぼってゆく。




































傘を閉じて。






  






梅雨が、かけてぬけていった時。










勝手に動いてゆく季節。








すぐ、そこに夏を待たせている時間。













雨は上がり。






ナツガキタ。



end of rainy season:KABUN :KX2+B003(A16)